美容

こんな簡単に!?憧れのピンクのバストトップは、実はつくれるんです ♡

「バストトップの黒ずみ」気になりますよね。

キレイな色にしたいけれど、具体的にどう解決すればいいのかわからないパーツの一つです。
実はキレイなピンクにする方法は、色々あるんですよ。

映画で芸能人のヌードを観たり、セクシー女優さんを観て「ピンク」うらやましいなぁと思った方も多いかと思います。
男性は女性は全員ピンクだと思っていたり、自分のカラダにコンプレックスを抱くこともありますよね……
しかし、あの乳首は特別なものではないんです! 断言します、ピンクはつくれます。

今回は、簡単に自宅で出来ちゃう方法をご紹介します♡

 

乳首の色を薄いピンクにする3つの方法

乳首の色をピンクにする方法は大きく分けると下記の3つです。

  • 民間療法
  • 医学部外品
  • 病院での治療

病院での治療はクリニックのレーザーによるもので5~6回で薄くなるとされています。
具体的な相場としては、1回のレーザー照射が2万円から4万円くらいで高額です。

今回は、医学部外品での治療にスポットを当てて書きたいと思います。

原因は?

 

そもそもバストトップを黒くする原因なんなのでしょうか?

  • (1)加齢
  • (2)妊娠・出産によるホルモンバランスの変化
  • (3)授乳
  • (4)生まれつき
  • (5)摩擦や紫外線

原因はこの5つとされています。

いずれの理由にも共通しているのは、メラニン色素の沈着

悩むきっかけとして、産後に悩む方が多いよう。
妊婦あるあるネタとして「色素が濃くなった乳首の色に見覚えがあると思ったらルイヴィトンの色だった」なんて
ジョークもあるくらいです。

 

どこまでピンクにできるの?

 

東洋人は薄いベージュからブラウンが標準。
生まれつき白人女性のようなピンク!は、東洋人にはなかなか居ません

特に20代~30代は女性ホルモンの分泌が盛んな時期、一番濃くなりやすいのです。

しかし、諦めることなかれ……レーザーやクリームによって色をトーンアップすることは可能なのです!
つまりピンクは妄想でしかなく、作るものなのです。

あなたは何番でしたか?

こんなものもあります!まさかのカラーチャート表です。
あなたは何番でしたか?

トレチノインハイドロキノン療法でつくる!

 

このトレチノインハイドロキノン療法は、
3ヶ月を1クールとしで治療し、2週間治療を休み、
さらに効果を上げたい場合には再度3ヶ月治療をする
という方法です。

美容外科でも取り扱われている美白療法です。
今まではレーザーによる治療しかなく負担も大きかったようですが、
現在、多くのクリニックでは手軽に治療できる「トレチノインハイドロキノン療法」を取り入れているそうです。

ターンオーバーを早めて代謝を促す「トレチノイン」


トレチノインの効果は主に次の3つ。

 

  1. ターンオーバーの促進
  2. 皮脂の分泌を抑える
  3. コラーゲン、ヒアルロン酸生成の促進

トレチノインは、ビタミンAの誘導体。
ハイドロキノンの浸透力を高め、皮膚代謝の促進やターンオーバーを早める効果があります。

 

黒ずみに効果抜群!肌の漂白剤「ハイドロキノン」

ハイドロキノンの効果は協力の美白効果から「お肌の漂白剤」と呼ばれています。

ハイドロキノンの主な効果は、

  • メラノサイトの活動を弱める
  • メラニン色素の生成を命令する「チロシナーゼ」を抑制する
  • 強力な漂白効果

の3つです。

漂白作用から、顔の肌の美白にも使われます。気になるシミを消すことが可能です。

塗った箇所は紫外線に当たるといけないのですが、バストトップなのでその点は問題ないですね。

 

「ハイドロキノン」と「トレチノイン」の入手方法

ハイドロキノンの入手方法は、入手方法が2つあります。

まず一つが、皮膚科で処方してもらう方法。もう一つが、市販のクリームや塗り薬を使う方法
では次は、皮膚科に行くより使いやすい、ハイドロキノン配合の化粧品やクリームをチェックしましょう。

海外個人輸入サイトの信頼できる通販サイト「オオサカ堂」や「Amazon」がオススメです。

ユークロマクリーム

Yash社のユークロマクリーム(Eukroma Cream)は、他のクリームと比べてハイドロキノンが4%と

他のハイドロキノンよりも多く入っていて私も使っています。

初めての方はパッチテストは必ず行い、2パーセントのものなど濃度の低いものから始めましょう。

 

レチンAクリーム


レチン−Aクリームは、日本以外の世界各国で広く使用されている有名なお薬。
「トレチノイン」が0.05%配合されています。

 

NADINOLA 強力美白クリーム (64g)ナディノラ

ナディノラ強力美白クリームは、ハイドロキノンを3%配合した、色素沈着をはじめ、シミやそばかす、肝斑に有用なクリームです。肌の色を均等にし、美白作用が期待できます。

BIHAKUENの美白セット

オオサカ堂」で購入できるこのBIHAKUENの美白セット。

BIHAKUEN ハイドロキノン4%は、メラノサイト(色素細胞)でのメラニン色素の産生に必要なチロシナーゼ酵素を阻害します。また、メラノサイトへの細胞毒性を有することから、メラノサイトそのものの数を減らす作用もあります。コウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍の美白作用があるといわれている有用成分です。

また、BIHAKUEN トレチノインは、ビタミンA(レチノール)誘導体のトレチノイン(レチノン酸)を含有した塗り薬が、BIHAKUENのトレチノインです。

 

漂白って……痛くないの?

トレチノインハイドロキノン療法を行っているとき、痛くないの?という不安が真っ先に浮かぶかと思います。
痛さはありません! しかし、ターンオーバーを行うため皮がむける場合があります。
その時少し痒みがあるのでそこで大事なのが次の二つです。

 

保湿はしっかり

色がくすむとも言われているので、この方法で漂白する場合は保湿もしっかりしてください。

乾燥は黒ずみの大敵です。

乾燥した肌は外からの刺激を受けやすく、かゆみや赤みを引き起こします。

毎日お風呂上がりにしっかり保湿をし、乳首が乾燥することのないように気をつけましょう。

 

黒ずみ、色素沈着の予防も

黒ずみの原因となってしまう一つが「摩擦」です。

ブラジャーや衣服などにこすれることによって刺激を受けてしまい、
その刺激から守るためにメラニンの働きが活発になることも……!
特にトレチノインハイドロキノン療法を行っているときは色素沈着などに気を付けなくてはいけません。

摩擦の少ない下着で黒ずみ予防やお風呂でゴシゴシと乳首を洗うなんてことも絶対にしないようにしましょう。

 

ちょっと不安という場合は専用クリームを


Nanomed : Finale Pink Nipple Creamハーブ抽出30 g 
ハイドロキノンが少し不安という方には、「ニップルクリーム」をおすすめします。
海外で人気のニップルクリーム、基本的には天然成分で作られているものばかり。

上記の「NanoMed」は、美容大国タイで開発されたもの。
天然ハーブの力で古い角質を取り除いてお肌の再生を促し、次第に美しいピンク色の乳首へと生まれ変わっていきます。
ビタミンEやアロエベラも配合されているので、気になる肌のざらつきを解消し、なめらかなお肌にする効果も♡

他にも湘南美容外科クリニックと共同開発のホスピピュアホワイトラグジュアリープレミアムが評判が高くお勧めです。

 

いかがでしたか?

ピンクのバストトップはこんな方法で作るんです!
作るものなんだと思ったら、少し希望がわきませんか?

毎日続けることでゆっくりと変化が見られていくはずです♪

ぜひ、試してみてください♡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 実際に効果はあるの?「Panasonic 光エステ」使って6か月…
  2. コスパ抜群!「無印良品のホホバオイル」が優秀すぎる【1つで6役】…
  3. 【モテ髪】「ルシードエル オイルトリートメント」理想のうるつやロ…
  4. 白石麻衣ちゃんみたいな美白になりたい♡まいやんの「美白ケア」の5…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


NEW

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。